行事・研究会報告

学校訪問最終日の様子です

笑う 今年度の学校訪問最終日は、あいなん幼稚園でした。園児は、笑顔いっぱい、元気いっぱい水遊びをしたり、友達と仲良く関わり合ったりしながら、楽しく過ごしていました。幼児教育の段階では、たくさん称賛され、承認され、励まされて自己肯定感の基盤を作り、何でもやってみようと思う気持ちや友達を思いやりながら上手に遊ぼうとする気持ち等、非認知能力を育むための視点がとても大切です。幼小連携の意味からも適切な指導がなされていました。「令和の日本型学校教育」の基礎が育まれています。これからも未来ある大切な子どもたちを支援していきます。