行事・研究会報告

いじめSTOP愛AI会議をオンラインで行いました

にっこり愛南町の全小中学校をつないで、各校の児童会・生徒会の代表者と学校教育課指導主事で、いじめSTOP愛AI会議をオンラインで行いました。今年度は、新型コロナウイルス感染症予防対策のために、集合型の会議ができませんでしたが、GIGAスクール構想の実現を踏まえた取組を行いました。コロナ禍にあっても、様々な困難にくじけず、各校、元気に学校生活を送ってくれています。何よりも嬉しい限りです。あと1か月ほどで卒業・修了です。心も体も健康で、いじめのない日々を送ってほしいと思います。これから、各校において本日の取組を基に、学年末に向けてインターネット・SNSの正しい使い方やいじめの未然防止の呼び掛けを行います。

みんなで、人に優しく、温かい愛南町を守り、持続させましょう!


 

愛南町防災教育研究指定校発表会を開催しました

学校愛南町の防災教育研究指定校になっている船越小学校で発表会を開催しました。全校児童14名が、地域住民の方々や関係者に対し、2年間の研究成果を元気よく発表しました。避難所の場所や津波の想定される高さ、防災マップなど、児童はそれぞれに「自分事として考える」ことの大切さを訴えました。今回は、新型コロナウイルス感染症予防対策として、参加者の人数制限をしたり、オンラインで大木聖子慶應義塾大学准教授に講演していただいたりして、工夫した運営を行いました。これから研究成果を町内各小・中学校に還元します。また、当日の様子が愛媛CATVの愛南チャンネルで、12月22日(火)、27日(日)、29日(火)、31日(木)に放送されます。ぜひ、ご覧ください。

  


 

令和2年度愛媛県教育委員会人権・同和教育訪問の様子

グループあいなん幼稚園を会場に、愛媛県教育委員会の人権・同和教育訪問が行われました。園の研究主題は、「友達のいいとこいっぱい、たのしさいっぱい ~友達のよさに気付き、かかわり合い、一緒に楽しめる子どもの育成~」です。公開保育の後、様々な観点からの研究協議が行われました。人権尊重の芽生えを大切にする園の姿勢が参加者から好評でした。愛媛県教育委員会人権教育課の樋口担当係長様や南予教育事務所教育指導課の上岡指導主事様、愛媛県人権教育協議会会長代行の米田孝弘様からも温かく、大変参考になるご指導とご助言を賜りました。今後の本町における児童生徒、園児への人権・同和教育の中に、そして教職員研修の中に生かしていきたいと思います。


 

新しい教育様式の中で求められる校長のリーダーシップ研修会の開催について

会議・研修 愛媛大学教職大学院専攻長の 露口 健司 教授をお招きし、本町の校長研修会において、「VUCAワールドで求められる管理職のリーダーシップ」と題して、指導講話を頂きました。新型コロナ感染症対策、GIGAスクール対応、働き方改革、地域連携による魅力化の観点から多くの知見を得ることができました。不安定で、不確実、複雑で、曖昧性の高い現代において、管理職が職場の同僚性を高め、職員の幸福度を高めるリーダーシップを発揮することの大切さを学びました。豊富な資料だけでなく、露口教授の軽快なトークから、参加者全員が元気を頂きました。今後の各校における学校経営に生かしていくよう指導してまいります。


 

GIGAスクール構想の実現に向けて①

会議・研修本町においてもGIGAスクール構想の実現に向けて、端末や通信環境等の整備とともに、教職員のICT研修を行っています。今回は、愛媛大学教職大学院の大西義浩教授をお招きし、各小・中学校の研修リーダーとなる研修主任と学力向上推進主任を対象としたクロームブックを活用した実務研修を行いました。新しい端末に戸惑うのは当然です。「まずは、やってみよう」を合言葉に、どんどん触れて、体験して来年度からの授業や研修イメージの見通しを持ってもらいました。今後もICT研修を重ね、児童・生徒の豊かな学びにつながる指導者のスキルを養っていきます。